Boziev Kamoliddin

日本 北海道

Image result for niseko

北海道は日本で2番目に大きい主要な島であり、最大かつ最も北に位置する行政区です。北海道は、日本海、オホーツク海、太平洋、ロシア連邦との国境にある日本の海岸線の北端に位置しています。北海道の土地は 83,423.84km2あり、日本最大の島の一つです。

北海道は日本にある八つの行政区の一つであり、九つの総合振興局と五つの振興局があります。ただし、主要な都市以外の地域全体をカバーするこのようなオフィスを持つのは、8区のうちの1区だけです。

北海道は日本で最も寒い地域で、雪の多い冬と比較的涼しい夏があります。高品質のパウダースノーと美しい山々は、北海道をスノースポーツと人気の観光地にしています。降雪は通常11月に本格的に始まり、スキーリゾート(ニセコ、富良野、手稲、ルスツなど)は通常12月から4月まで営業します。

ニセコは北海道後志総合振興局内にあり、それは山脈と市区町村を指しています。ニセコの主な産業は観光と農業です。ニセコには六つのスキー場があり、ニセコヒラフ、ニセコビレッジ、ニセコアンヌプリ、ニセコ HANAZONO、ニセコモイワ、ニセコワイスの六つの スキー場があります。

雪はニセコの観光の主な理由であり、地球温暖化と気候変動によってこの産業を脆弱にします。

タジキスタン バダフシャーン

Image result for peak ismoil somoni

Bバダフシャーンはタジキスタン共和国最大の地域で、国の東部に位置し、公式には、ゴルノ・バダフシャン自治州(Viloyati MuxtoriKöhistoniBadaxshon)として知られています。バダフシャーンは国の東部全域をカバーし、東は中国と国境を接しています。南はアフガニスタン・イスラム共和国、北はキルギスです。バダフシャーンはタジキスタン共和国で最も寒い地域でもあり、最も高い山脈、氷河や川が有名です。

高い山々、巨大な氷河、川、湖、温泉、野生動物は、バダフシャーンを国内観光で人気の最も人を惹きつける場所にしています。世界の屋根としても有名なパミール高原はこの地域にあります。

バダフシャーンは、7つの地区と、有名なパミール高原にあるホログという一つの州都で構成されています。ソ連崩壊後の最高峰であるイスマイール・サーマーニ峰(7495 m)と極地以外の世界で最も長いフェドルチェンコ氷河(77キロメートル、700平方キロメートル以上)は、ヴァンジ地区北部のバダフシャーン地域にあり ます。山は9世紀のサーマーン朝の支配者であるイスマイール・サーマーニに、氷河はロシアの探検家(氷河の発見者ではありません)のアレクセイ・パヴロヴィチ・フェドルチェンコにちなんで付けられました。

ヴァンジ地区は、バダフシャーン州の北西にある東タジキスタンの地区です。ヴァンジは、バダフシャーンの農地と農業生産に置いて最大の地区であり、黄金色の美味しいリンゴ、ナッツ、甘いアプリコットなどの新鮮でエコロジカルな果物や野菜が非常に人気があります。同時に、ヴァンジは他の地区よりも雪の降る日が多く、冬 が長い国の中でも最も雨が多い地区の一つです。また、 国内のナショナルレスリング(kushtii milli)柔道やサ ンボなどのレスリングスポーツマンにも人気があります。

北海道とバダフシャーンは世界の2つの異なる地域にありますが、似たようなものがたくさんあります。

北海道とバダフシャーンの似ている点は以下のとおりです。

地域

北海道とバダフシャーンはともに、国の最大部分(の 一つ)であり、外国の隣国と国境を接しています。

文化

北海道には独自の歴史と自然があり、そこでは独自の言語と伝統を持つアイヌ民族が住んでいます。

また、パミールの言葉(パミール語は東イラン語群のグループに属します)もあり、バダフシャーンに住んでいるタジク語話者は、歴史的に保持されてきた伝統と行動を持っています。他のタジク人は、タジク語/ペルシャ語(インド・ヨーロッパ語族の西イラン語群)を話します。イラン語は、インド・ヨーロッパ語族の一部です。

観光

北海道とバダフシャーンはともに、国の観光の最も魅力的な地域の一つです。

北海道でもバダフシャーンでも山が人気です。

天気

北海道とバダフシャーンはともに、国の中で冬が最も長く最も寒い地域です。

結論として、私は自分の経験を親愛なる読者と共有したいと思います。私はバダフシャーンのヴァンジ地区で生まれ、2003年までそこで育ちました。私の子供時代、最も興味深い季節は冬でした。雪は極めて新鮮で乾燥しており、私はとても楽しんでいました。

それにもかかわらず、非常に短い期間のうちに天気は信じられないほど変化しています。現在、ヴァンジ地区の冬は全く別物です。雪はそれほど乾燥しておらず、冬もそれほど長くありません。何度か現在住んでいる国の首都ドゥシャンベからヴァンジ地区に行って、幼なじみの雪に会いに行ったのですが、もはやかつての私の友人ではなく、それは濡れて疲れて見えました。

2019年12月にニセコ町に行ったとき、バスから出て最初に感じたのが匂いだったことは幸運でした。それは乾いた雪の匂い、ヴァンジの子供時代の匂いです。

北海道のニセコで幼なじみを見つけたのです。残念ながら、地球温暖化は世界中で進行し、気候は世界のあらゆる場所で変化しています。日本政府と北海道が気候変動に対して最善を尽くし、人びとに夢と友人を長生きさせることを願っています。

https://caravanistan.com/wp-content/uploads/2012/06/pamiri-girls-khorog-700x467.jpg
Image result for Hokkaido tradition