2020年10月30日、筑波大学「中央アジアの文化とアイデンティティ」オンラインセミナーを開催しました。このセミナーは日本財団中央アジア・日本人材開発プロジェクトの研究チームが主催、山本祐規子准教授が司会を務めました。

 

NipCAプロジェクトマネージャー の梶山祐治博士は、キルギスの現代映画撮影に特化したプレゼンテーションを行いました。セミナー参加者は、キルギス映画の歴史、有名で優れたキルギス映画制作者、キルギス映画の現代の動向について学ぶことができました。講演の中で、梶山博士は遊牧民文化、イスラムの伝統、アニミズムに特に注意を払っていました。インセバエバ・サビーナ博士は、現代のカザフスタン音楽とその音楽がカザフスタンの国家アイデンティティを構築する役割に関する発表を行いました。講演の中で、カザフスタンの音楽 – Q-POP、およびカザフスタンの新しい若者の動きの新しい方向に特に注意を払っていました。グロマリエフ・シラリ博士は、イランの一人であるワキ族に専心した発表を行いました。グロマリエフ博士の発表は、聴衆からの真の関心に満ちていました。特に、参加者は「北部」と「南部」のパミール語、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタン、および中国におけるワキ語の歴史について学ぶ機会を得ました。