キルギス共和国出身のサイカル・スイウンベコヴァです。2018年に中央アジアのアメリカン大学を卒業しました。以来、キルギス北部地域で地域を支えるJICAのプロジェクト「ワンビレッジワン製品」に携わり、地域を発展させ、キルギス北部地域で働いていました。このプロジェクトを通じて、農村開発と地域のエンパワーメントについて多くのことを学ぶことができました。したがって、私の研究とこれらのトピック、包括的なビジネスがキルギスの持続可能性を達成するのにどのように役立つのかを、つなぎたいと思います。日本財団フェローシッププログラムを通じて、学問分野だけでなく、日本の文化・社会の分野でも非常に貴重な経験を得ることができると思います。