2021年度

研修

海外研修

随時更新します。

国内研修

随時更新します。

講演会

新入生に贈る特別連続公開講演会

2020年初頭から世界規模で蔓延した新型コロナウィルスの影響で、これまで当たり前のように営まれてきた大学生活を送ることができなくなってしまった筑波大学の新入生を対象に連続講演会を開催しています。入学以来、オンライン教育を受け続け、奮闘している新入生のためにエールを贈り、今後のキャンパスライフへの活力と知的好奇心の向上に繋げられるような機会を提供することを目的とした講演会になっています。

連続講演会「中央ユーラシアと日本の未来」

NipCAプロジェクトでは広い意味での地域社会貢献と、NipCAフェローに限らず、学内の教職員、学外の研究者・学生たちへの問題意識の喚起を促すことを目的に、中央ユーラシア地域や日本が抱える社会的な課題や地球規模的課題に係るテーマで、初年度より有識者による公開講演会を実施しています。また、本講演会は筑波大学SGU事業の一環として実施しているものです。
(2021年度は第24回から開催)

国際学会

  1. 題目: Factors Related to Productivity and Study Environment of Remote Learning under the Covid-19: A Case of Undergraduate Students in Japan
    発表者:NipCAプロジェクト担当教員 山本祐規子准教授
    会議名:65th Annual Meeting of the Comparative and International Education Society (CIES Conference 2021)
    日時:2021年4月25日~5月2日
    場所:米国 ワシントン州、シアトル市 (Zoom 発表)
    詳しい記事はこちらからご覧いただけます

その他イベント等

随時更新します。